任意整理の意義は?自己破産との違いは?

債務整理の方法としてもっとも一般的なのは自己破産です。所持しているすべての財産を手放して借金を帳消しにしてもらいます。しかし、これは債務者の生活への影響が大きく、躊躇する人がたくさんいます。住宅がなくなれば家族が路頭に迷うことになりますし、車を手放せば仕事に行けなくなる人もいます。交通の便がいい賃貸住宅に住んでいる独身の人にとってはたいしたデメリットにはならないかもしれませんが、結婚して家族がいる人にとっては大きな痛手になるでしょう。
以上のような自己破産のデメリットを解消する手段として任意整理があります。その意義は住宅や車を手放さなくていいことにあります。そのため、家族の生活に大きな影響を与えずに借金の問題を解決することができます。ただし、任意整理をすると少額ながらも3年から5年かけて返済をしていく必要があるという点、また住宅を残す場合は住宅ローンが残るという点には注意が必要です。一か月に2万円程度が一般的ですが、それを支払えない場合は任意整理は不可能でほかの方法で債務整理をすることになります。また、債権者が話し合いに応じない場合も実施することができません。
任意整理は債務者にとって生活スタイルを変えずに問題を解決できますし、債権者にとっても少額ながらいくらか回収が可能ですので意義がある制度です。自己破産のデメリットに躊躇してしまう人は、任意整理をする方向で弁護士などの専門家と相談してみましょう。